Astrology

西洋占星学では天動説つまり太陽が地球の周りを回っていると考えます。黄道は太陽が1年かけて回る軌道のことを指し、その軌道を30度ずつ12に分けたものが「12星座」です。いつも動かない恒星で出来た「12星座」と10個の天体(太陽・月・水星・金星・火星・木星・土星・天王星・海王星・冥王星)をとおして、さまざまなことを読み取っていくことが出来ます。これが、いわゆる星占いと呼ばれるものです。恒星はいつも同じところにありますが、惑星は常に動き回っています。その惑星の動きが、ひとの心や行動・気持ちに作用していると西洋占星学では考えられています。