立秋

4Or4+JyMRMG+N1Mzn4JiMg

8月7日の22:31に二十四節気の立秋(太陽黄経135度)を迎えました。7月20日から8月6日までの夏の土用が終了し、暦の上では秋がスタート。

四季にはそれぞれ、初・仲・晩と約30日(30度)ずつの小さな節目が与えられています。秋の季節でいうと、立秋〜処暑〜白露ろの前日までが「初秋」、白露〜秋分〜寒露の前日までが「仲秋」、寒露〜霜降〜立冬の前日までが「晩秋」になります。今は秋の始まりを迎えた「初秋」に当たります。

占星学では、8月11日の18:58に獅子座の新月を迎えます。この新月は部分日食でもあります。

8月13日10時頃にはペルセウス座流星群が極大を迎えると予想されています。8月11日が新月のため月明かりの影響がなく、とても恵まれた条件で観測することができますよ。

この夏は蟹座の新月(部分日食)〜水瓶座の満月(皆既月食)〜獅子座の新月(部分日食)と食が重なり、一年の中でも大きな変化や決断のときを迎える方をよくお見受けします。この機会に星と一緒にご自身の可能性を探ってみませんか? 星からのメッセージをぜひ日々の暮らしにお役立て下さい。

リーディング 星レッスンのご予約も随時受付中です。Skypeリーディングもお受けしております。ご予約こころよりお待ちしております。

星レッスンもご好評いただいております。対面レッスンの他にもSkypeを使って遠方や海外にお住いの方も学んでいらっしゃいます。占星学を学ぶことは「一生の財産」になります。占星学で使う「象徴を読み解く力」は日常のあらゆる場面においても助けになりますよ。お気軽にお問い合わせ下さいませ。

※ 写真は先日訪れた京都のカフェでの一枚。次々と新しいお店がオープンしていく京都・・・いろんなお店に足を運ぶのが休日の楽しみです ♬