小雪

11月22日の05:39に二十四節気の小雪(地心黄経240度、日心黄経60度)を迎えました。

四季にはそれぞれ、初・仲・晩と約30日(30度)ずつの小さな節目が与えられています。冬の季節でいうと、立冬〜小雪〜大雪の前日までが「初冬」、大雪〜冬至〜小寒の前日までが「仲冬」、小寒〜大寒〜立春の前日までが「晩冬」になります。現在は「初冬」に当たります。

紅葉もピークを迎え、木々は葉を落とし始め、寒さが増して来ました。初雪の知らせがやってくるのも、ちょうど「初冬」の頃です。

小雪は占星学でいう太陽が射手座に入るタイミング。射手座は世界に出て見聞を広め、自分の信念を築くサイン。冬至に向かって太陽の力が段々弱まっていくこの時期は内観に良いときです。昨日11月21日に愛と美の星・金星が蠍座に入りました。お互いの秘密を共有する、弱さや脆さを認め合うなどパートナーシップにおける親密度も高まりそう。11月29日には海王星が順行に戻り、翌30日に双子座で満月を迎えます。この満月は月食を伴うパワフルな満月ですよ〜

星と一緒に2020年を振り返り、2021年のプランニングをしてみませんか? 星からのメッセージをぜひ日々の暮らしにお役立て下さいませ。12月以降のリーディング 星レッスンのご予約も受付中です。お気軽にお問い合わせくださいませ。寒いこの季節には、お家でお受けいただけるオンラインリーディングもおすすめです♬

星レッスンもご好評いただいております。対面レッスンの他にもZoomやSkypeを使って遠方や海外にお住いの方も学んでいらっしゃいます。占星学を学ぶことは「一生の財産」になります。占星学で使う「象徴を読み解く力」は日常のあらゆる場面においても助けになりますよ。

※ 銀杏の葉が黄金色の絨毯のようになって綺麗 ♬ 公園でベンチに座っていたらどんぐりがポツン、ポツンと落ちて来ました^^