寒露

10月8日の10:39に二十四節気の寒露(地心黄経195度・日心黄経15度)を迎えました。

四季にはそれぞれ、初・仲・晩と約30日(30度)ずつの小さな節目が与えられています。秋の季節でいうと、立秋〜処暑〜白露の前日までが「初秋」、白露〜秋分〜寒露の前日までが「仲秋」、寒露〜霜降〜立冬の前日までが「晩秋」になります。現在は「晩秋」に当たります。

秋が深まって来たかと思えば、夏の再来を思わせるような汗ばむ暑さの日が続いたりして、行きつ戻りつ時が流れていくのは水星逆行の影響もあるのかな?10月は7日に冥王星が順行に、11日には土星が、18日には木星も順行に戻り、日が変わって19日深夜に今年最後の水星逆行が終了。公転周期の長い木土冥の三つ星が順行に転じた直後、動きの速い水星も順行に戻り、20日からは秋の土用に入ります。

暦の上ではとっくに夏は終わっているけれど、まだ心も身体も夏の思い出に浸っている・・・そんな感じがします。そろそろ、夏の扉を閉めないと。

お部屋のリネンやクローゼットを秋冬仕様にしたり、栗やカボチャ、きのこ、葡萄、梨など秋の味覚を楽しんだり、暮らしの中に小さな秋を取り入れて♬

写真はときどき散歩に出かける平城宮跡歴史公園。奈良は高い建物が無くて、空が広い。ぼーっと空を見ながら風に乗ってどんどん姿を変えていく雲の形をいろんなものに見立てたりして空想する時間が楽しい。公園の敷地はとっても広いので運動不足の解消にもなって一石二鳥です^^

リーディング 星レッスンのご予約も受付中です。オンラインリーディングもお受けしております。ご予約こころよりお待ちしております。

星レッスンもご好評いただいております。対面レッスンの他にもZoomやSkypeを使って遠方や海外にお住いの方も学んでいらっしゃいます。占星学を学ぶことは「一生の財産」になります。占星学で使う「象徴を読み解く力」は日常のあらゆる場面においても助けになりますよ。お気軽にお問い合わせ下さいませ。