夏至

B8328DC9-704E-4120-B9B1-F8A44FD07F376月21日の06:44に二十四節気の夏至(地心黄経90度、日心黄経270度)を迎えました。

四季にはそれぞれ、初・仲・晩と約30日(30度)ずつの小さな節目が与えられています。夏の季節でいうと、立夏〜小満〜芒種の前日までが「初夏」、芒種〜夏至〜小暑の前日までが「仲夏」、小暑〜大暑〜立秋の前日までが「晩夏」になります。今は夏が深まっていく「仲夏」に当たります。

夏至は一年で最も昼間が長い日。夏至と冬至は陽の気と陰の気が入れ替わる、一年を分かつ「時の峠」大きな節目です。そして占星学的には夏至は太陽が蟹座入りするときでもあります。冬至は山羊座の、春分は牡羊座の、夏至は蟹座の、秋分は天秤座の始まりに対応し、これら4つのサインには「切り拓く力」「始める力」「行動する力」が与えられています。

冬至に向かって、また新たな気持ちでスタートできるといいですね。ちょっと立ち止まって、冬至から夏至の半年を振り返ってみるのもいいでしょう。

リーディング 星レッスンのご予約も随時受付中です。オンラインリーディングもお受けしております。ご予約こころよりお待ちしております。

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、4月1日より一時休止しておりました対面でのリーディング及び星レッスンのご予約を再開いたします。ずいぶんお待たせしてしまい、申し訳ございませんでした。今回の一時休止に際しましては、ご理解、ご了承いただきどうもありがとうございました。緊急事態宣言の解除の後も第二波が予想されるとのことで、少し様子を見ていたのですが滋賀県内での新たな感染報告もなく、街の様子も徐々に落ち着いて来たので再開することにいたしました。皆さまのご予約心よりお待ちしております。

星レッスンもご好評いただいております。対面レッスンの他にもSkypeを使って遠方や海外にお住いの方も学んでいらっしゃいます。占星学を学ぶことは「一生の財産」になります。占星学で使う「象徴を読み解く力」は日常のあらゆる場面においても助けになりますよ。お気軽にお問い合わせ下さいませ。

※ 写真は数年前に訪れた台湾の東海岸・台東での一枚。南国のギラギラした陽射しが恋しい今日この頃です。早く旅ができる日がやって来ますように ♬