小雪

B+4IkF3vRNmofhV6pwq4aQ11月22日の18:02に二十四節気の小雪(地心黄経240度、日心黄経60度)を迎えました。

四季にはそれぞれ、初・仲・晩と約30日(30度)ずつの小さな節目が与えられています。冬の季節でいうと、立冬〜小雪〜大雪の前日までが「初冬」、大雪〜冬至〜小寒の前日までが「仲冬」、小寒〜大寒〜立春の前日までが「晩冬」になります。現在は「初冬」に当たります。

紅葉もピークを迎え、木々は葉を落とし始め、寒さが増して来ました。初雪の知らせがやってくるのも、ちょうど「初冬」の頃です。

小雪は占星学でいう太陽が射手座に入るタイミング。射手座は世界に出て見聞を広め、自分なりの信念を築くサイン。冬至に向かって太陽の力が段々弱まっていくこの時期は内観に良いときです。

11月8日に幸運と発展の星・木星が射手座へ移動しました。柔軟宮(双子・乙女・射手・魚)に個人天体がある方は、今回の木星の移動の変化を肌で感じてらっしゃる方も多いようです。木星の応援を受けて、新しい方向へと前進していかれる姿に私も勇気をいただいています。

星と一緒にご自身の可能性を探ってみませんか? 星からのメッセージをぜひ日々の暮らしにお役立て下さいませ。12月以降のリーディング 星レッスンのご予約も受付中です。お気軽にお問い合わせくださいませ。寒いこの季節にはお家でお受けいただけるSkypeリーディングもおすすめです。

星レッスンもご好評いただいております。対面レッスンの他にもSkypeを使って遠方や海外にお住いの方も学んでいらっしゃいます。占星学を学ぶことは「一生の財産」になります。占星学で使う「象徴を読み解く力」は日常のあらゆる場面においても助けになりますよ。

※ 写真は先月訪れた台南のカフェでの一枚。台湾というと中国茶のイメージが強いですが、実はコーヒーも美味しくてレベルが高いんです。ハンドドリップの香り高いコーヒーに癒される時間も旅の楽しみのひとつです ♬